NEWS

2016/10/12

シャープ主催のIoTベンチャー企業向け「モノづくり研修」をさくらインターネットと支援

株式会社ABBALab(本社:東京都千代田区、代表取締役:小笠原 治)は、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:戴 正呉)主催の、業界で初めてとなる※1IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT. make Bootcamp supported by さくらインターネット」(以下、「本研修」)を、国内データセンター大手のさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)と共に支援します。

本研修は、11月から年4回を目標にシャープ総合開発センター(奈良県・天理市)で実施します。本日10月12日より専用サイトにおいて参加企業の募集を開始します。参加費用は1社2名の参加で85万円です。※2

本研修には1回あたり10日間で約70時間に上る多彩なプログラムが用意されます。シャープは、100年以上に渡ってメーカーとして培ってきた量産設計や品質・信頼性確保などモノづくりの技術・ノウハウを、社内の現役技術者らが講師となって伝授します。ABBALabは、ベンチャー企業における新規事業の立ち上げに必要な資金調達のコツについて、投資ファンドの立場から解説します。さらに、さくらインターネットは、IoT時代に必須となるソフト/サーバー技術およびプラットフォームなどを、通信環境とデータの保存や処理システムを一体型で提供するIoTのプラットフォーム「さくらのIoT Platform β」※3を元に説明します。

IoT時代の本格的な到来を前に、本分野のモノづくりにチャレンジするベンチャー企業が今後大幅に増加することが見込まれています。一方、ベンチャー企業のモノづくりにおいては、試作から量産段階に至るさまざま過程で経験や知見不足に起因する設計ミスや品質不良、納期遅れといった問題が発生し、その解決に向けた追加コストや開発の遅れが課題である、と言われております。本研修では、そのような課題に対するソリューションを提供することで、ベンチャー企業の早期かつ確実な事業化を支援します。ABBALabは、ABBALabがこれまで行ってきたハードウェアスタートアップの支援ノウハウを提供し、ベンチャー企業が実現したい事業を支援してまいります。

【専用サイト】
  本研修の詳細・お申し込みは以下ウェブサイトをご覧ください。
 http://www.sharp.co.jp/iot_make_bootcamp/

※1:モノづくりの基礎となる技術・設計・品質/信頼性・原価・知財等、モノづくり知識ノウハウを網羅する合宿形式の研修として。
※2:参加者が3名以上の場合の追加費用は35万円、1社1名の場合は50万円です。いずれも税別です。
※3:「さくらのIoT Platform β」は、2016年年度中の提供開始を予定している新サービス「さくらのIoT Platform 」のβ版です。現在申し込みを受付中で、11月からの提供開始を予定しています。
(サービスサイト:https://iot.sakura.ad.jp/)

2016/07/12

IoT/IoEのスタートアップをプロトタイピングから支援。
「ABBALab IoE ファンド1号投資事業有限責任組合」を組成、投資を開始。

株式会社ABBALab(東京都港区、代表取締役:小笠原治)(以下、ABBALab)は、IoTのハードウェアとサービスを開発するスタートアップに対して、主にプロトタイピングフェイズに投資を行う「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:株式会社ABBALab)」(以下、本ファンド)を組成し、投資活動を開始しました。

本ファンドの出資者は、Mistletoe株式会社(代表取締役 孫泰蔵)、 Hon Hai venture capital fund “2020” (Director & GP 木村敬治)、双日株式会社(代表取締役社長 佐藤洋二)、さくらインターネット株式会社(代表取締役社長 田中邦裕)、その他投資家で構成されています。

ABBALabはこれまでも、主にハードウェア・スタートアップのプロトタイピングフェイズへの投資を行ってまいりました。本ファンドではABBALabでの投資育成活動をハードウェアに限定せず、IoT/IoE領域のプロダクトやサービスのプロトタイプ・フェイズから投資を行うことで本領域でのスタートアップ土壌を耕し、IoT/IoEスタートアップの発掘と播種を行います。
また、投資先にはシェアファクトリーを中心とした試作・製造拠点を育成の場としたアクセラレーションと共に、成長に合わせたフォローオン投資へ積極的に取り組むことで迅速なプロダクト量産体制の構築やサービスの市場投入を促してまいります。

今後は出資者である事業会社・投資家とともに、IoT/IoEを活用した次世代産業を担うスタートアップの発掘・播種・育成を目指し、世界で勝ち抜ける企業群を輩出してまいります。

本ファンド概要

本ファンド概要

・名称:ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合
・無限責任組合員:株式会社ABBALab
・投資対象 :IoTハードウェア及びサービスを開発するスタートアップ
・投資フェイズ:プロトタイピング、プレシード、シード、シードエクステンション、シリーズAまで。
・運用期間:10年
・ファンド規模:15億円

これまでのABBALabの投資先一覧

・株式会社ノーニューフォークスタジオ
http://no-new-folk.com/
・イクシー株式会社
http://exiii.jp/
・株式会社ウィンクル
http://vinclu.me
・サイマックス株式会社
http://symax.jp/ja.html
・株式会社FOVE
http://www.getfove.com/
・株式会社アップパフォーマ
http://upperforma.com/
・株式会社イヌパシー
http://inupathy.com/jp/
・株式会社SenSprout
http://sensprout.com/
・株式会社tsumug
http://tsumug.com

本ファンドの目的とターゲット

fund-target
投資フェイズと投資金額

phase-money

これまでのABBALabによる投資実績 (詳細)

(1)株式会社ノーニューフォークスタジオ
http://no-new-folk.com/
「IoT x art」:これまでにないパフォーマンス向けのインタフェースを開発し、新たな表現を創出するための商品の開発販売。 光る靴「Orphe」は9軸モーションセンサー、Bluetoothモジュール、100個以上のフルカラーLEDを内蔵し、靴が光るとともに、スマホのアプリを使い動きに応じたLED制御、音楽演奏、映像演出のコントロールなどを可能とし、ダンスパフォーマンスに新たな表現方法を提供する。特許出願中。

代表者名: 菊川 裕也
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2014年10月
商品販売予定: 2016年 / クラウドファンディングUSD100K越え


(2)イクシー株式会社
http://exiii.jp/
「IoT x オープンソースものづくり」 3Dプリンターを用いた義手の開発とそれらのオープンソースコミュニティを運営
代表者名: 近藤 玄大
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2014年10月
商品販売予定: オープンコミュニティの追求を継続


(3)株式会社ウィンクル
http://vinclu.me
“CRAZY MAKER”をスローガンに掲げるIoTスタートアップ。クレイジーなものを作ることで、クレイジーな人を応援する会社。 好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」の開発を行っている。
代表者名: 武地 実
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2014年2月
商品販売予定: 未発表


(4)サイマックス株式会社
http://symax.jp/ja.html
「IoT x 健康」IT、バイオ、メカトロの先端技術の融合によるヘルスケア製品・サービスの企画および研究開発、販売ならびにサービス運営。 生活習慣病の予兆を、自宅トイレに設置する簡易デバイスで尿で検知し、アプリサービスで数値や生活アドバイスをもらい未然に発症を防ぐ製品とサービスを開発中。特許出願中。
代表者名: 鶴岡 マリア
所在地: 東京都葛飾区 / 設立: 2014年6月
商品販売予定: 2016年中に双日と実証実験予定


(5)株式会社FOVE
http://www.getfove.com/
世界初の視認追跡型のバーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイ「FOVE」を開発中。 「FOVE」は視線追跡機能により、単なるビューワーではなくコントローラーの働きもなし、 また360度映像のレンダリングを効率的に行うことで画像処理負荷を軽減します。 代表者名: 小島 由香
所在地: 米国カリフォルニア州 / 設立: 2014年5月
商品販売予定: 2016年 / シリーズAにて12.3億円の資金調達(2016.3)


(6)株式会社アップパフォーマ
http://upperforma.com/
「IoT x スポーツ」”見えなかったを見えるように”をテーマにIoTハードウェア製品の開発販売。 サッカー選手のためのモーションロガー”Eagle Eye”デバイスとプラットフォームを開発中。低コストでデータサッカーを目指す。 プロ用には導入に1千万円、年間維持費80万円、データ分析1回50万円程の高価なシステムが存在するが、アマチュアチームでも入手可能な価格帯を目指す。
代表者名: 山田 修平
所在地: 京都府京都市 / 設立: 2014年7月
商品販売予定: 2016年


(7)株式会社イヌパシー
http://inupathy.com/jp/
「IoTx共感」:喜びの見える化を通じてコミュニケーションのポジティブスパイラルを生み出し、より楽しく喜びにあふれるコミュニティづくりに寄与する商品とサービスの開発販売を行う。 犬の心拍数や心拍パターンを(剃毛することなく)毛の上から計測し、犬の心理状態(興奮、集中、喜びの度合い)を見えるようにする犬の心拍計ライト「犬パシー」。今までにない飼い主と犬のコミュニケーションをサポートする。特許出願中。 代表者名: 山口 譲二
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2015年3月
商品販売予定: 未発表


(8)株式会社SenSprout
http://sensprout.com/
農業センサーの開発販売、農業に関わるインターネットサービスの開発運用。 インクジェット印刷技術とEnergy Harvestingによる無線給電技術を用いることで実現可能になった、土壌モニタリングのセンサネットワークのコンセプトアプリケーションを開発中。 静電容量の変化を検知できるセンサにより、土の中の水分量を測ることができるほか、葉濡れセンサで降雨も検知することが可能。印刷技術を用いているため、小ロットでも大量生産でも低コストで製作できるという特徴がある。電池交換が不要なためメンテナンスコストも最小限に抑えられるほか、電池の液漏れなどによって土壌を汚染する恐れもない。 大規模農業や高付加価値作物の灌漑の最適化、いつ起きるかわからない地すべりやがけ崩れリスクの評価といった応用が期待できる。
代表者名: 三根 一仁
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2015年1月
商品販売予定: 2016年 / IndiegogoでUSD170K超え


(9)株式会社tsumug
http://tsumug.com
不動産業界に特化したスマートロック、「Sharing Key」の開発、Home IoT含めSharing Economyに関わるサービス運用。物理鍵をなくし、鍵の貸し借りなどの管理業務を軽減し、民泊での活用も目指す。 設置利用者がインターネット環境を用意しなくても、スマートロックの端末に3G/LTE通信機能が搭載されているため、単体での通信が可能。特許出願中。
代表者名: 牧田 恵里
所在地: 東京都千代田区 / 設立: 2015年12月
商品販売予定: 2017年


本ファンドへのお問い合わせ
本ファンドに関するご質問などは下記のメールアドレスからお問い合わせください。
株式会社ABBALab / ファンド担当:縣
info@abbalab.com

2015/4/24

株式会社ABBALab、インテル株式会社の協力のもと支援プログラムを開始

2015年4月24日

株式会社ABBALab、インテル株式会社の協力のもと支援プログラムを開始
~インテル株式会社の協力のもと、インテル® Edison モジュールを活用したプロトタイピングの支援を実施~

 株式会社ABBALab(アバラボ)(代表取締役:小笠原 治)は、IoT(Internet of things)ハードウェアのプロトタイピングを行うエンジニアを支援するための支援プログラム「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」を、インテル株式会社(代表取締役社長: 江田 麻季子)の協力のもと2015年4月24(金)より開始します。

   ABBALabが考えるIoTハードウェアのプロトタイピングには、様々なセンサーや通信モジュールなどを接続できる開発ボードが重要です。このたびインテル株式会社の協力のもと、同社が開発した「インテル® Edison 開発ボード」を活用したプロトタイピングを行うエンジニアやスタートアップを対象に、開発設備の利用や開発機材、専門エンジニアによる技術サポートなどに関する支援を行います。

 支援内容の詳細、応募方法については「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」Webページをご確認下さい。
http://abbalab.com/edison_scholarship/

 「株式会社ABBALab様の今回の取組みに協力できることを誇りに思います。プロトタイピングに活用されるインテル® Edison 開発ボードは、無線機能を内蔵した切手大のコンピューターで、迅速なプロトタイプ作成と製品化を支援します。このたびの取組みを通し、ものづくりのさらなる広がりとイノベーションが加速することを期待しています」
インテル株式会社 代表取締役社長 江田 麻季子

■開発設備に関する支援
 プロトタイピングのための設備利用に関する支援としてDMM.make AKIBA(東京都千代田区神田練塀町)の利用費用の支援を行います。DMM.make AKIBAはハードウェアスタートアップのための施設で、本施設にはシェアオフィススペースと総額5億円の開発設備を利用できるスタジオが併設されています。DMM.make AKIBAに関する詳細はWebページをご確認下さい。
https://akiba.dmm-make.com/

■インテル® Edison 開発ボードを使ったプロトタイピングに関する支援
 プロトタイピングに必要なインテル® Edison 開発ボードの提供と、専門エンジニアによる開発に関する技術サポートを行います。インテル® Edison 開発ボードに関する詳細はWebページをご確認ください。
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/do-it-yourself/edison.html

■応募について
応募資格:
 「インテル® Edison 開発ボード」を活用したプロトタイピングを行っている/行う予定のエンジニアやスタートアップ

応募方法:
 DMM.makeものづくりログ( https://media.dmm-make.com/ )へEdisonを使って製作予定もしくは制作中のプロダクトについて投稿し、「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」Webページからお申込み下さい。

募集スケジュール:
 2015年4月24日(金)〜2015年5月末予定

採択通知について:
 頂いたお申込みを商品性や先進性など様々な観点から審査し、採択された方には個別にご連絡を差し上げます。

■株式会社ABBALabについて
 代表取締役:小笠原治(さくらインターネット株式会社 共同ファウンダー)
 株式会社ABBALabはスタートアップ企業への投資を通じて、ハードウェアスタートアップや個人による、IoTハードウェアに関するアイディアの製品化や将来的なハードウェアメーカーとしての自立を支援します。2013年よりハードウェアスタートアップへの投資を開始しています。
 ABBALab並びにABBALab Farm Programの詳細はWebページ( http://abbalab.com/)をご確認ください。

【関連画像について】
株式会社ABBALabロゴ画像は以下のURLからダウンロード可能です。
http://abbalab.com/wp-content/uploads/2014/10/press_abbalab_logo.png

**************************************************
*Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
*その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

2014/10/31

株式会社ABBALab、IoTスタートアップ支援プログラムを開始

2014年10月31日

株式会社ABBALab、IoTスタートアップ支援プログラムを開始
~資金/活動拠点/スキル教育の提供を通じた支援を実施~

 株式会社ABBALab(アバラボ)(代表取締役:小笠原治)は、IoT(Internet of things)ハードウェアのプロトタイピングやクラウドファンディングに挑戦するチームや個人に対して、資金及び活動拠点やスキル教育などの支援を行う「ABBALab Farm Program」を2014年10月31日より開始いたします。同時に、プログラム参加者を選抜するための審査会参加者の募集も開始いたします。
(ABBALab Webページ: http://abbalab.com/

 一般的に、ハードウェアを開発し販売するためには、技術開発や設計製造などの様々な工程が存在し、それらを進めるためには資金や設備、様々なスキルが必要です。加えて現在のハードウェアスタートアップ支援は製品化に近い段階まで到達した企業への投資が中心であり、プロトタイピングなど開発初期段階への投資の事例は多くありません。
 ABBALabは開発初期のプロトタイピング段階から、IoTハードウェアの開発販売を目指すスタートアップ企業や個人に対し資金や設備、スキル教育などの支援を行うことで、スタートアップを育成し、IoT市場の活性化に貢献します。
 このプログラムを通じてABBALabは、IoTビジネスを志すスタートアップや個人の「最初の一歩」と、企業としての将来的な自立をサポートすることを目指します。ABBALabの詳細は下記、並びにABBALab Webページをご参照ください。( http://abbalab.com/ )

■ABBALab Farm Programの詳細
 ABBALab Farm Programは「Scholarship」と「Fellow」で構成されます。

・Scholarship:プロダクトの開発販売を目指すチームや企業を支援するプログラムで、開発に必要な資金や設備、スキル教育を受ける場を提供します。
・Fellow:IoTハードウェアに関する調査研究を行うエンジニアを支援するプログラムで、基礎技術の研究のほか、Scholarshipへの技術サポートを行っていたくことでそれらの活動資金を提供します。

 また、様々な専門家や企業がABBALab Farm Programを通じ、技術/ビジネスの両面でプログラム参加者をサポートいたします。

Mentor
・川原圭博氏(東京大学 准教授 / AgIC株式会社技術アドバイザー)
・久下玄氏(tsug,LLC)
・伊藤羊一氏(プラス株式会社ジョインテックスカンパニー 執行役員ヴァイスプレジデント)
・田中邦裕氏(さくらインターネット株式会社 代表取締役社長)
・本間真彦氏(インキュベイトファンド 代表パートナー)
・村上臣氏(ヤフー株式会社 執行役員 CMO(チーフ・モバイルオフィサー)/ワイモバイル株式会社 取締役)
・松本龍祐氏(ヤフー株式会社アプリ開発室本部長/イノベーションサービスユニット ユニットマネージャー/TRILL株式会社 代表取締役社長)
・孫泰蔵氏(Mistletoe株式会社 代表取締役)

Company Fellow
・プログレス・テクノロジーズ株式会社
・さくらインターネット株式会社
・株式会社Cerevo

 なお、プログラムへの参加にはABBALabが主催する審査会「Tryouts(トライアウト)」への参加が必要です。Tryoutsは同日に公開するABBALabのWebページにて申込みいただきます。

■ABBALab Farm Programの拠点について
 ABBALab Farm Programの拠点は東京都秋葉原に開設されるDMM.make AKIBAです。 DMM.make AKIBA にはハードウェアのプロトタイピングや量産試作、試験などに必要な設備が設置され、利用の際にはスタッフがサポートします。

■ABBALabの今後の展開について
 今後ABBALabは東京だけでなく、福岡県福岡市/北九州市でのTryouts実施、そして台湾台北市でもIoTハードウェアスタートアップの支援プログラムやDemoDay(プロトタイプ製品プレゼンテーションイベント)への展開を予定しております。

■株式会社ABBALabについて
 代表取締役:小笠原治(さくらインターネット株式会社 共同ファウンダー)
 株式会社ABBALabはスタートアップ企業への投資を通じて、ハードウェアスタートアップや個人による、IoTハードウェアに関するアイディアの製品化や将来的なハードウェアメーカーとしての自立を支援します。2013年よりハードウェアスタートアップへの投資を開始しています。
 ABBALab並びにABBALab Farm Programの詳細はWebページ( http://abbalab.com/)をご確認ください。

【関連画像について】
株式会社ABBALabロゴ画像は以下のURLからダウンロード可能です。
http://abbalab.com/wp-content/uploads/2014/10/press_abbalab_logo.png

**************************************************
本件に関するお問い合わせ先:株式会社ABBALab
メールアドレス:info@abbalab.com

2014/10/28

ABBALabは「未来のふつう」を表彰するハードウェアコンテストGugenをスポンサードしています。

ABBALabは株式会社ピーバンドットコムが主催する「Gugen2014」にプラチナスポンサーとして参加いたします。
GugenはGUGENは、実用性や商品性の高いアイデアを表彰し、その具現化をサポートするものづくりプログラムであり、日本最大のHardwareコンテストです。関連イベントとしてアイディアソンやアイディアソンを複数開催しており、ハードウェアコンテンスト大賞受賞作品には100万円が贈呈されます。
ABBALabはGugenの、実用性や商品性の高いアイデアを表彰し、その具現化をサポートするというコンセプトに共感し、プラチナスポンサーとして参加しております。

Gugen2014展示会・授賞式は2014年12月13日と14日に開催されます。Gugenの詳細は下記のWebページをご確認ください。 Webページ:GUGEN2014

Get started now. Feel free to apply ABBALab program.

Apply Now
>