ABBALabは「少し未来のものづくり」を目指します

現在、我々の周りには様々なハードウェアが存在し、生活を便利にしています。これらは「大量生産/大量消費」の思想にもとづき生産されているものです。ですがこれは同時に大量の売れ残りや廃棄物を生み出すことにもつながっているのではないでしょうか。

ABBALabは我々が持つ様々なニーズに対応できる適切な製品を、欲しい人の分つまり適切な量だけ生産する「少し未来のものづくり」を実践するハードウェアメーカーが増えてほしいと考えます。そしてそういったハードウェアメーカーをより多く生み出すために、人々の生活やニーズに合致する製品のアイディアを持つチームが市場に製品を送り出すための様々な支援を行います。

ABBALabはIoTハードウェアスタートアップを支援します

ABBALabはIoT(Internet of things)ハードウェアのプロトタイピングへの投資育成を行うプログラムです。

ハードウェアの開発や販売には様々な技術スキルはもちろん、資金や設備が必要です。ABBALabはIoTスタートアップ投資を軸に、プロトタイピングを開始する個人やクラウドファンディングに挑戦するチームへ、資金及び活動拠点の提供や技術・スキル教育を「ABBALab Farm Program」として提供します。

「Internet of things」=「モノゴトをインターネットにつなげること」

ABBALabはハードウェアの中でもIoTに注目しています。そしてIoTとは、従来の「物をインターネットにつなげる」という思想ではなく、利用者の状況や周囲の環境など「物」ではない「モノゴト」をデバイスを通じてインターネットにつなげるという思想であると定義しています。

ABBALabは、「モノゴトをインターネットにつなげる」という発想で日常をより豊かにする素晴らしいアイディアの実現やビジネス化に挑戦するチームを支援します。

ABBAlabの支援プログラム=「ABBALab Farm Program」

ABBALabの支援プログラム「ABBALab Farm Program」は「Scholarship」と「Fellow」の2種類で構成されます。

「Scholarship」は、IoTハードウェアのプロトタイピングと適量生産を目指すチームを対象とした支援プログラムで、プロトタイピングや適量生産に必要な資金やノウハウ、設備など様々な形での支援を行います。
「Fellow」は、高度なスキルを持ったエンジニア、リサーチャーを対象とした支援プログラムで、先端テクノロジーの調査研究やスキルや知識のシェアを行うための資金や設備を提供します。

アイディアをプロトタイピングし、製品化したいと考える方はScholarshipとして、自らのスキルや知的好奇心を新たなハードウェアスタートアップのために活用したいと考える方はFellowとして、ABBALab Farm Programは様々な支援を行います。

ABBALabをサポートするメンター/パートナー企業

ABBALabは回路設計やプロダクトデザイン、企業経営など様々なジャンルのプロフェッショナルや企業の皆様にサポートいただいています。
彼らプロフェッショナルは、ABBALab Farm Programの対象であるハードウェアスタートアップをプロトタイピングや適量生産、マーケティングのフェーズなど様々な場面でサポートします。